判決等速報用手持幡

ニュースとか弁護士もののドラマとかで、裁判結果を伝える際に用いられる、『勝訴』とか『不当判決』とかの、ビローンとのばすあの紙。
あれには名前があって、判決等速報用手持幡というそうです。
あの文字はいつもかなりの達筆ですよね。
少なくともあのときの字を見て、へたくそだなとか個性的な字だなとかは思ったことはありません。
習字は苦手なのでいつも上手だなぁ、どんな関係者が書いたのかなぁくらいにしか思いませんでした。
裁判所の施設管理上の規則では裁判所の構内では判決等速報用手持幡を出してはいけないようですね。
あれを出しているのは若い弁護士さんの事が多いのは、構外に走り出る為でもあるみたいです。
だし間違いとかあったらちょっと笑えますね。

コメントは受け付けていません。