新しいものへのチャレンジ

例えば、気にった食べ物があったとします。
美味しいし食べていると幸せな気分になり、人にも伝えたくなる好ましさ。
そうなったら高級品や近場で買えないわけでなければ、自分で再度買おうと思うわけです。
しかし!!同じ感動を求めていたのに次に食べてみると、
「・・・ん?・・・・こんなだったかな?!」
ということもよくあります。
最初だかこその感動だったか・・・。
感動までもいかなくても美味しいってことに変わりはないはずなのに、前回の感じを予想していたせいかなんとなく残念な味に感じてしまう。
なんなんでしょうかね、その感覚。
そういうことがあるから新しい味やモノを求めて探し続けてしまうんですかね。
新しいものへのチャレンジはあまりしない私ですが、やっぱり探究心は大切ですね。