うんざりするお役所仕事

市は教育委員会は耐震工事をしても強度不足になるとわかっていた?
大阪2010年年度に全ての小学学校の耐震補強工事完了を計画しました。
コンクリート強度が低いから耐震補強工事をしても出来ないからとA社が辞退。
解体しないとだめだ主張しているのに違う会社Bに補強をするように強く要請。
工事をしても必要な強度を得られないと覚書を交わして3300万円をかけて行ったそうです。
その結果、補強したとみなせないと大阪府が市に指摘をして学校は閉鎖することになりました。
学校関係者や保護者は市長すらこの経緯を知りませんでした。
6600万円をかけてプレハブ校舎をたてることになったって信じられませんね。
予算をとって何もしないわけにいかないってお役所仕事に反吐が出ます。