世界遺産に登録

国立西洋美術館が世界遺産に登録されましたね。
なんでも有名なフランスの巨匠ル・コルビュジエが携わったことで登録されたんだとか。
しかしこの巨匠、設計の為に来日したのはたったの一回だけですよ。
凄く有名な人で日本人も師事しており、たいはんのことはこの弟子たちががんばったって聞かされるとちょっと微妙な気持ちになりますね。
あとは、世界遺産に登録されたとたんに見に行く人ってなんなんでしょうかね。
報道もされていましたし、登録された次の日にそんなところを映されたら私は嫌ですね。
あきらかにミーハーな感じがするからです。
恥ずかしくはないってことかなぁ。
とても不思議です。
見ようと思うきっかけになることは素晴らしいことですけどね。