インフルエンザ

ひとシーズンでインフルエンザに感染する1000万人
11月にはインフルエンザが流行りだして1月から3月にはピークをむかえます。
38度以上の熱が急に出たときはインフルエンザを疑うべきです
飛まつ感染、感染者の咳やクシャミ、接触感染
ウィルスがついた手が何かに増える
紙や布だと8時間から5日間
1.7メートル四方に10万個
1メートル 席より距離は少ないがウィルスは200万個
2メートル範囲内にいるだけで回りの人は注意
1個のウィルスが8時間後には100万個、『24時間後には200万個以上に
咳をする人がマスクをすることが重要
マスクのつけ方で効果は変わるのか実験すると
正しくつけた場合は飛まつの核酸はほとんどなし
鼻の上の隙間をなくさない、アゴのところがずれていると上下から飛散してしまいます。