人形供養

子供のころから大切にしているぬいぐるみがあります。
それを処分するようにと言われてしまいました。
もう何年も前から言われていることでしたがあらためて考えると泣けてきます。
インターネットで人形供養のところを泣きながら探しました。
どうも10月から12月中旬くらいまでで供養するのが終ってるところが多かったです。
これで処分しなくてもいいと楽観的にはなれません。
来年の供養を考えて選ぶべきか…。
12月31日の大みそかにも人形供養をしてくれる神社がありました。
しかし31日ってきびしいです。
1時間以上かかるところなので一人で行くのは気が重たいです。
それでなくてもぬいぐるみとさよならするわけですから。
でも大みそかなんて付き合ってくれそうな人がいません。
旅行は好きですけどこんな失恋旅行みたいなのはひとりじゃさびしいです。
どうしようか迷っています。
そしてお別れを思うといつまでも涙が出てきます。
子供のころからの私の涙を知っているぬいぐるみです。
30センチ以上で大きくて抱きしめるとやわらかい子です。
ドラえもんのスモールライトがあれば小さくしてずっと持っているのになんて非現実的なことを思いました。