言葉って難しい

文章を打っていて最後に(笑)やWをつける人は多いですよね。
私もつけますけどほとんど(笑)ですね。
掲示板とかではWの方が見かけます。
使い分けは単純に相手によります。
Wですぐに笑っているという意味を知らない人にはしないですし、どちらかというと上品な表現ではないと思います。
まあ、(笑)が上品かというとまた微妙でうけどね。
友人の中に「Wって使うのは嫌いだし見たくもない」と宣言している人がいるのでそのひとにはとくに注意してますよ。
でもその人はVは使うんですよ。
こちらとしてはむしろVの意味の方がピンときません。
爆笑を意味しているらしい(爆)ってのが自分は嫌いなんでひとそれぞれの感覚なんでしょうね。
ネットから遠い人やリアル友達には(笑)しかしません。

機能性ディスペプシア

胃の中に食べ物が入るとどうなるかご存知ですか?
空腹時の胃の大きさはこぶし程度です。
空腹時に食べ物を食べると胃の上の方にいきます。
30分後にもう一度スキャンしてもそのままです。
実は胃は背中の方に大きくなるのです。
とめてあるところから胃酸をかけて消化されていくのです。
慢性的な胃炎がある人は、食べ物が上でとどまらずに下にすぐに落ちてしまっているのです。
健康な人が何事もなく食事をとれるのは、上の胃が膨らませることができるのです。
アセチルコリン・・・神経伝達の一部
機能性ディスペプシアというのは2013年の6月に命名された新しい病名です。
アセチルコリンがストレスにより動きを弱めてしまい、胃もたれなどの痛みにつながります。

肺炎リスクが高い場所

カビはどこに発生するのかランキングをしてみましょう。
第三位は家具の裏です。
壁と密着したところは喚起が出来ずにカビが発生しやすい。
第二位は加湿器です。
乾燥を防いで風邪対策にもなる加湿器。
掃除を怠るとカビが大量に発生するのが加湿器なのです。
カビを大量に吸い込む危険性があるのでこまめに掃除するべきです。
第一位は窓です。
常に待っているカビが窓の結露によって増殖しています。
結露は自然乾燥にしている人が多いですよね。
水が乾燥するとそこは安全になっているように見えますが、水が無くなっても生きています。
結露が出る限り増殖し続けます。
そのままにしているとカビが増殖し続けるということです。
結露をわざわざ拭くなんてめったにしてないので私も非常に怖いです。

過敏性血管炎

血管炎はいろいろな種類があります。
ひざ下の発疹がある、ひざから下に小さな発疹に注目してください。
紫色で少し盛り上がってきている発疹です。
湿疹なんて誰にでも起こることですが一般的にはかゆくなりますよね?
しかしこれはかゆいということがなく押すと痛く微熱が出たりします。
過敏性血管炎は何かの薬を飲んだことでアレルギー的な発疹が出ることがあって短期間で治ることがある。
発疹以外に注意することもあります。
発熱、体重減少、筋肉痛、腎臓に炎症があるとむくみが出ます。
肺に炎症が起きた場合は呼吸困難にもなってしまいます。
リウマチ、膠原病内科を受診しましょう。
早期に受診するべきであり、適切な治療をすればだいじょうぶです。

あまりにも薬剤師さんが増えすぎている現実

ファッションブームの影響で、最近やたらと美容師さんが増えてきているような気がするワタシ。

基本的にバリカンを使って自分でヘアカットをするワタシにとって、美容室はかなり遠い存在です。

滅多にお金を払って散髪に行かないワタシ。

美容師さんが増えようが減ろうが特に気になりません。

そんな事よりもワタシがめちゃくちゃ気になって仕方がないのは薬剤師さんの増殖です。

近頃のドラッグストアや薬局には薬剤師さんが当たり前のように5人位いませんか?

あまりにも多過ぎないかとツッコミを入れてしまいそうになるワタシ。

果たしてたくさん薬剤師さんを働かせているドラッグストアや薬局には何かしらのメリットでもあるのでしょうか?

こんな話をしてしまうと失礼にあたるかも知れませんが、どう見たって薬剤師さん1人か2人でまわせるような薬局ですら薬剤師さんが5人位いる所があります。

あれは確実に経費の無駄遣いとしか思えません。

実際にこれまでワタシはいくつかの薬局やドラッグストアが無くなってしまう場面に遭遇してきました。

めちゃくちゃギャランティーが貰えるうえに、比較的スタミナを使わない薬剤師さんのお仕事。

かなり良い職業かも知れませんが、薬局が無くなってしまったら無職になってしまうので薬剤師である意味など何ひとつありません。

これはどんな職種においても同じ事がいえるのですが、安定した仕事というのは無いと個人的には思っています。

いま薬剤師が流行っているからとか、薬剤師になれば多分安定してるとか、そんな理由だけで生きていく為の職種を選んだ人達はたくさんいるはずです。

しかしながら、それって正解なのでしょうか?

自分自身が本当にやりたい仕事が薬剤師でないかぎり、本当の安定など見えてこない気がします。

薬剤師 求人

インフルエンザ

ひとシーズンでインフルエンザに感染する1000万人
11月にはインフルエンザが流行りだして1月から3月にはピークをむかえます。
38度以上の熱が急に出たときはインフルエンザを疑うべきです
飛まつ感染、感染者の咳やクシャミ、接触感染
ウィルスがついた手が何かに増える
紙や布だと8時間から5日間
1.7メートル四方に10万個
1メートル 席より距離は少ないがウィルスは200万個
2メートル範囲内にいるだけで回りの人は注意
1個のウィルスが8時間後には100万個、『24時間後には200万個以上に
咳をする人がマスクをすることが重要
マスクのつけ方で効果は変わるのか実験すると
正しくつけた場合は飛まつの核酸はほとんどなし
鼻の上の隙間をなくさない、アゴのところがずれていると上下から飛散してしまいます。

 

症状がない隠れ水虫

水虫を患った人っていらっしゃいますか?
私は幸か不幸か自分自身もないですし、家族や身近な人では知らないですね。
隠してはいるかもしれませんけど。(笑)
すごくかゆいイメージですけど、症状がない隠れ水虫の方が多いそうです。
足の裏が白くてカサカサしている、足の裏に水泡のあとがある、足の裏をごしごし洗う人は実は注意が必要です。
足のカサカサはバリア機能が失われているから水虫が感染しやすい状態になっています。
白癬菌が足についてから感染するのは24時間です。
水で流すよりも石鹸で優しくこすりましょう。
水虫はお酢をつけると良いという民間療法というか伝説?がありますけどそれは嘘です。
皮膚の奥までしみこまないので逆に炎症してしまう。

分明が作り出した病

競争、ねたみ、孤独、戦争、いじめ、破産
みんな分明が作り出したものですね。
最近うつ病の人が増えてきているのは人間関係も希薄になり、将来も不安な人が増えているから
うつ病はつかみどころのない病気かと思われがちですが、偏桃体が原因だとされています。
ここまでのことがわかっているのですから、解決策もみつかるはずです。
進化の観点からうつ病の治療法を導き出しています。
うつ病を克服する新たな試みがあります。
去年、ドイツでおこわ慣れた最新の治療です。
頭に穴をあけて脳に直接電極を送るのです。
かなり怖いですけど、成果は出ているようです。
ペースメーカーなどの電動で脳に直接おくり症状を抑えるという仕組みです。
以前は家族との会話も困難でしたがそれも改善されている人々がいます。
うつ病の薬を長年飲んでいた人も、この治療でわずか一年で薬を止めることができた人もいます。
日本でも生活の改善による治療がはじまっています。
絶対に苦しいトンネルは抜けることができると患者さんに希望が広がっていることがわかります。
うつ病に苦しんでいる人だけではなく社会全体で考えなければならない問題です。

蜂を盗んだのは?

養蜂家が出てくる小説を読んだことがあります。
ほんの一部ではありますがとても大変な仕事であることがわかりました。
ミツバチは近寄ってきたら怖い虫であるという認識しかりませんが養蜂家にとっては大事な子供なんだそうです。
そのミツバチを盗んだ人が逮捕されました。
それも同業者の70代の男性です。
70代というそんな年代になって人様のものを盗むなんて情けないです。
相手の養蜂家のかたも70代です。
なり手はあまりいなくなっているから老人世代が多いのでしょうか。
それでもその年までがんばってくれている大切な世代です。
盗む気になるくらい効果で育てるのは大変だとわかっている同業者の犯行なんていやなものですね。
120万円相当のミツバチですって。
たしかに高額ですけど70代で捕まって親類に迷惑をかけるのは酷い行いだと思います。

頭痛専門のクリニック

脳の血管が拡張して血管が拡張して神経が刺激されて痛くなる。
血管の拡張を抑えるトリプタンという薬があります。
市販の薬はとりあえず動けるようにできるくらいの効き目がなかったが、市販薬にないトリプタンにはある。
症状が軽い人は市販の薬でもよいが、すぐに聞くのがトリプタンです。
そのほかに片頭痛の予防薬というのがあります。
頭痛がきても大丈夫というのはとても力図良いですよね。
私は頭痛ではなく生理痛ですね。
生理痛の薬がないと絶対に苦しいですから。
頭痛は頭痛専門のクリニックか、神経内科、脳神経外科を受診しましょう。
危険な頭痛があるので、くも膜下出血や髄膜炎の可能性もあるので受診するべきです。
頭痛専門のクリニックに行くのがお勧めです。